お絵かき遊び

Standard

子供の頃はさして多様でもない遊びのなかその一つ、絵を描いて遊びました。
もちろん私の場合、漫画です。

紙に鉛筆、地面や敷地舗装面も子供にとってはロウセキ、白墨(チョーク)でかっこうのキャンバスとなったものです。
…今ではまず道端に子供の絵を見かけなくなりましたね。

先日、京都新聞販売所から小さなマグネットボードを頂きました。
ははは…
まあ一般的なメモとしての使い方はまずしないだろうと思うと
うかぶのは…お絵かき遊びウッシッシ

専用ペンも付いていたので
我が家で埃をかぶって隅っこに追いやられてるホワイトボードも取り出してみました。
で、昔のような絵を描いてみますと?。
絵は当時の記憶のままに描いたので、似ないまま描き込みイメージが固まった左下のキャラなどは誰なのか判りにくいでしょう…

(同年代のこの作品好きな方ならかろうじて判りますかね…?)

絵かき仲間との出会い

Standard

ショウさんが午前中にやってきて
とりあえずお絵かきしてます。
みっつさんは家の用事が入って
来れなくなってしまったけど
一蹴さんがスカイプで参戦して
ワイワイとやってます。
あきのさんが昼から来るらしい。
らしい…。
まだ来ないんだが。
14:30にはフミンダーさんが来るらしい。
フミンダーさん来たらサイゼリヤに移動かなーと思ってる。
サイゼリヤでデンマさんと合流。
なんだかんだで結構色々な人と交われそうです。
という現在進行形の昼下がり。

デジ絵に必要なもの

Standard

雑談のトピック見てて目に止まったので日記書いてみました。

目標を表紙がフルカラーの同人誌をデジタルで入稿したい~プロでもOKレベルとするならって
前提で、デジ絵に必要なものを考えてみます。

まずはソフトウェアの項目。

お絵かきソフトはアナログに比べて便利に、簡単にできる事が多い反面、
意味不明なツール、ショートカット、素材、プラグインなどなどそれぞれにやり方、癖があります。

使わないツールも多いのですが、使えると便利なものが山盛りあるのでフリーソフトに慣れてから
買い直し、覚え直すよりも最初から慣れて覚えて使いこなしていった方が
どうせ慣れなければいけないのなら手間の分お得かもしれません。

又プロが使っているものと同じものを使うことで、プロが使用しているプラグインに早くから触れる、
真似る、使用できるメリットもあるので技法として学ぶことの助けにもなります。

最終的に使うソフトって多分コミスタ、クリスタ、フォトショップ、イラストレーター辺りだと思うんですが、
漫画系だったらコミスタ、クリスタがあればとりあえずペン入れトーン作業、
フルカラー(CMYK入稿)まで大概のことは困らない筈。
コミスタ、クリスタは優待使って今だと2.7万くらいで入手できたと思います。

次にハードウェア。

PCは漫画がメインなら6万円~程度のノートPC(Core i5以上の性能基準で想定)で十分でしょう。
※但しHDMI対応必須で後からSSD化やメモリ16G程度まで増設が可能なものをオススメします。

デジタルはデータ飛んだら終わりなのでバックアップ用のポータブル外付けHDDを
一つ購入し0.5~0.8万程度。
ペンタブは0.5~2万程度(個人差大きいと思います)。

モニタはHDMI対応ので外付け1.5~2万程度だと思います。
※ノートPCのモニタのみだと作業領域狭い&色微妙…は我慢しても目が疲れる&
マルチモニタ便利なので投資推奨。

以上ソフトとハード、〆て2.7+6+0.8+2+2=13.5万円
※プロバイダ等インターネット接続系の費用除く。

此処から先は後々の投資。

等身大クラスのフルカラーCG(POPやだき枕など)を描く場合には
上記スペックのPCではカーソルがぶれたり保存まだー?って感じでもたつきます。
読み込みも時間かかります。

そこでその辺りをストレスフリー化する為にSSDとメモリ16G辺りをカスタマイズ。
1.5万+1.6万=3.1万円
この辺りは後から買い増しでOKですが、SSD化はアプリの挙動もキビキビしてくれるので
先行投資もありだと思いますがいずれもPCの知識が必要なのでこれまた
個人差が大きいかもしれません。

こうしてみると、どちらかといえばソフトウェア優先ですね~。
まぁ絵を描くだけならとりあえずは紙とペンとやる気があれば十分なんだってところが
先ずは大事だと思いますがw

絵かきの出会いはpixiv一択なのか?

Standard

pixivは絵師が自分の作品を公開するには良いサイトだと思います。自分のファンを作れるし、ファンとのやりとりも十分にできますよね。

この前見かけたのが、pixivの更新を週に1回から月に1回に減らしますとtweetしたら、ファンにお前のよさは更新頻度だけとボロクソに言われた絵師が嘆いていました。

たしかに、絵師の良さが更新頻度だけだと思っているファンはちょっと民度が低いと言わざるをえませんね。

基本、絵師の良さは絵の良さで決まるでしょう。

好きな絵師の更新頻度が落ちるのは残念ですけど、行き過ぎたファンの発言でしたね。

で、pixiv以外に絵師や絵かきがファンと出会う場を考えてみたんですが、他にお絵かきサイトってあるんでしょうか?

あまり聞きませんが、Facebookやmixiも上手く使えばファンと出会うことはできそうですよね。

あとは、ココナラやランサーズ、crowdworksといった外注募集サイトでも、ファンを増やすことは出来そうです。

とくにココナラはファンを増やす仕組みが強いように感じますので、pixivで上手くファンを増やせなかった方は試してみるのはどうでしょうか?

それ以外にも、出会い系の活用がいいかもしれません。

さすがに、PCMAXとかハッピーメールなんてのは異性との出会いを求めているので、絵師がファンを募るのには不向きでしょうが、デジカフェなんて使いようによっては日本中からファンを募ることができるのではないでしょうか?

とくに、デジカフェで頑張っている絵師は見たことがないので、穴場ですね。

いつの自体も人の行く裏に道ありて花の山ですから、まだ、デジカフェを使っている絵師が少ないうちに活躍するのが吉でしょう。

デジカフェを含め、出会い系については、出会い系口コミ.comが詳しいのでオススメです。